ブログ

校長日記

災害ボランティアの様子(10月15~16日)

生徒たちは2日間に渡り、被災した本宮市内の災害ボランティアに参加しました。

地元も方々からの感謝はもとより、内堀県知事・鈴木県教育長からも直接電話が学校へ入り(異例なことです)、本宮高生の活躍について称賛されました。

・人数確認し、いざ出発!

 

 

 

 

 

・ボランティアの腕章をつけて現地へ向かいました。

 

 

 

 

 

・様々な品物が泥水に被っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・特に畳は水を含み相当重く、4人がかりでやっと運び出せました。

 

 

 

 

 

・少しずつですが・・・住居がきれいになるにつれて、住民の方の声も元気になったように感じました。

 

 

 

 

 

・服は汚れましたが、生徒の心は輝きピカピカです。

 

 

 

 

 

・炊き出しもあり、生徒もごちそうになりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

・最後には係の方から深々と心のこもったお礼をいただきました。

 

 

 

 

 

 

※今回の体験をとおし、生徒たちは学校では決して学べないことを身に付けてくれたことと思います。

 今後もこの体験を生かし地域とともに、地域に根差した学校を目指していきます。

災害ボランティア(10月15日)

台風19号により亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

そして、一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

ここ本宮市も甚大な被害を受けました。

本校は10月16日(水)まで休校をすることとしました。

10月17日(木)より授業を再開します。

 

さて、休校の本日、

メールで災害ボランティアの参加を呼びかけました。

72名の生徒が集まりました。

電車が不通のため遠くから自転車でかけつけてくれた生徒や

わざわざ長靴やスコップを購入して参加してくれた生徒などがいました。

 

水につかった畳やふとん(ものすごく重かったとのことです)や

家具を運び出したり、

室内を片づけたりしたり、

終了時には泥だらけでくたくただったようですが、

たくさん感謝のことばをいただいたとのことです。

 

参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

10月16日(水)もボランティア参加者を募ります。

詳しくは、10/14及び10/15の学校からのメールをご覧ください。

 

自然の猛威により大きな被害を受けたこの地で学ぶ私たち。

私たちは何をするべきなのか、

そして何ができるのか、

一緒に考え、実行していきましょう。

自然の驚異、この危機にどう立ち向かうのか

台風19号が日本各地に被害をもたらしました。

本宮市街地も広範囲に浸水し、

甚大な被害を受けています。

 

10月13日(日)、

本宮市中心部を見に行き

あまりの被害の大きさに呆然としました。

見慣れた光景は一変し、

取り残された方を自衛隊がボートで救出しており、

また、空から救出をするヘリコプターの音が絶え間なく響いていました。

 

生徒の皆さんにもなじみ深いみずいろ公園も

深く水に覆われていました。

昭和時代の終わりまで本宮高校があった場所です。

↓みずいろ公園 10月13日(日)13:00頃撮影

 本校生の中にも、

自宅や自宅周辺が水に覆われ、

避難所に避難したり、

自宅から出られず孤立(避難したくてもできない)したりしている人がいます。

被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げるとともに、

一日も早く通常の生活に戻れるようお祈りいたします。

 

さて、私たちはこの危機にどう立ち向かったらよいのでしょうか。

何ができるのでしょうか。

 

10月13日(日)はラグビーワールドカップの1次リーグの最終戦でした。

しかし、岩手県釜石市のスタジアムで予定されていたカナダ対ナミビア戦は

台風19号による被害のため中止となりました。

このために人生をかけてきた選手たちにとっては

大きな落胆だったに違いありません。

しかし、カナダ代表の選手・スタッフは水害の跡片付けのボランティアをし、

ナミビア代表は釜石市民との交流をして、

釜石市民を力づけたと報道されています。

 

私たちはこの危機にどう立ち向かうのか、

何をしたらよいのか、

みんなでしっかりと考え、

できることを実行していきましょう。

 

 

「ふつうって何だろう?」③~グレタ・トゥーンベリさん16歳~

今年のノーベル賞の発表が始まり、

ノーベル化学賞には吉野彰さんが選ばれました。

うれしいことですね。

 

さて、今年のノーベル平和賞は

スウェーデンの16歳の環境活動家

グレタ・トゥーンベリさんが受賞するのではないか、

と話題になっています。

 

グレタさんは、

地球温暖化について強い危機感を持ち、

そのことに多くの人が関心を払わないことや

対策が不十分であることに抗議するため

毎週金曜日、学校を休んで(ストライキをして)

スウェーデン議会の前で二酸化炭素排出の削減を求めました。

このことがSNSを通じて世界に知られ、

多くの人たちに気候変動(地球温暖化)に対しての危機意識を広げたのです。

このことが、ノーベル平和賞に値するのではないか、

と考えられているのです。

 

さて、グレタさんは、

自分が発達障がいの一つである

アスペルガー症候群であることを公表し、

「アスペルガーであることは私の誇りである」と言っています。

 

アスペルガー症候群の主な特徴は

対人関係(コミュニケーション)に難しさと言われています。

これはグレタさん自身が言っていることですが、

ものごとは黒か白のどちらかで、

あいまいなグレーということはなく、

「空気を読まない」と言われることもあります。

しかし、だからこそ人類の存続にかかわる環境問題に

あいまいな態度をとることができず

世界の人々に問題提起をし、

多くの人に影響を与える強い行動をとることになったのです。

 

アスペルガーは障がいではなく才能で「スーパーパワー」、

グレタさんはそうも述べています。

アスペルガー症候群であること、

それはきっとグレタさんにとってはふつうであり、個性で、

それはとびきり強く人を動かす力なのだろうと思いました。

 

ノーベル平和賞の発表は10月11日です。

 

 

本宮高校生にきいてみた①~校長室掃除担当の3人~

 

校長室掃除にきている3年生の男子生徒3名に

インタビューしてみました。

 

-2年半の本宮高校での学校生活で成長したことは?

 

ひろみ君

「担任の先生が生徒目線で一対一で向き合ってくれます。

そのことで人間的に成長しました。

部活動(野球部のエースピッチャー)では

仲間の気持ちを考えて一球一球大切に投げたことで、

試合には負けましたが仲間との絆が深まったと思います」

 

かける君

「担任の先生が部活動(バスケット部)の顧問でもありました。

先生から礼儀や社会のマナー、

社会人としての在り方を教えてもらい大人に近づいたと思います。

専門学校に進学するので、

学んだことを生かしてよい社会人になりたいです。」

 

ゆうま君

「高校は授業の種類が多く、

また、別々な中学校から来た多くの友達と知り合い、

いろいろな考えを大切にすることができるようになりました。

1年生の時の安達太良山登山は人生初の登山でしたが、

多くの人と仲良くなりました。」

 

-本宮高校の魅力は?

「静かな環境なので(眠気と戦うこともありましたが)

勉強に集中できました。

先生方が個性的で、

人生経験を聴くのが面白かったです。」

 

-これまで話したことは本当のこと?

「99・9%は本当です。0.1%盛りました」

 

ちなみに、ブログに掲載するのに、

敬称を「さん」にするか「君」にするかきいたところ

全員が「君でお願いします!」

へえ~、そうなんだ。

 

卒業まであと5か月。

まだまだやることがたくさんあります。

多くのことに挑戦し、

さらに成長してほしいです。

本宮高校百景 その三~衣替えの日の金木犀~

衣替えの日の朝、

校舎へ向かう坂を登り切ったあたりには

甘く可憐な香りが漂っていました。

金木犀(きんもくせい)です。

金木犀の木は校舎棟に隣接する

発電機のそばにひっそりとあります。

金木犀は小さく控えめな花のため、

花言葉は「謙虚」とのこと。

 自己主張は強くないが、

その香りは多くの人に届き、

その存在を感じずにはいられない、

そんな花なのでしょう。

なんだか私の周りにもそんな人がいるような気がします。

 

金木犀が香りを発するのはわずか数日とのこと。

すべてのものの命には限りがある、

だからこそその時間を精いっぱいに生きなければならないのだ、

今年度の折り返し地点の衣替えの今日、

金木犀の香りからそんなことを考えていました。

 

金木犀の近くのツゲの蜘蛛の巣が陽光で輝いていました。

雲海の上に山頂をいただく安達太良山を連想させます。

美しいと思いました。

 

本宮高校百景 その二~実りの秋~

本宮高校の敷地内は自然が豊かで、

季節ごとに表情を変えています。

そして今、実りの秋を迎えました。

 

校門から校舎へ向かう坂道沿いの森からは

栗が落ちてきます。

栗が拾える場所はこの坂道に3か所あります。

拾った方には差し上げます。

この坂道ではどんぐりも拾えます。

 また、この森には大きな豆がぶら下がっています。

藤の実です。

藤があるなんて今まで気が付きませんでした。

キノコは多種多様な種類が見られます。

中には食べられるものもあるそうですが・・・

 

 

自然豊かな本宮高校、

まだまだ新しい発見がありそうです。

皆さんもいつもとちょっと目線を変えて

新しい発見をしてみませんか。

 

珍しいもの、かわいいものが見つかりましたら

校長室へお知らせください。

 

修学旅行に出発しました

2年生の修学旅行は秋晴れの中出発しました

4泊5日、広島、関西方面です。

集合時間に遅れることなく参加者予定者全員が集合、

予定通りに出発しました。

↓郡山駅での出発式の様子

郡山駅での出発式

 

昨日の結団式後、

これまでグループで取り組んできた

修学旅行先について調査し作成した壁新聞(ポスター)の

発表コンテストが行われました。

クラス予選を勝ち抜いた8チームが発表し

「方言」について調べたチームが最優秀となりました。

 

時間をかけて準備してきた修学旅行です。

みなさんが大きく成長し、

楽しい思い出がたくさんできますように

↓コンテストの様子

コンテストの様子

英国祭にて

今日はもとみや青年会議所主催の第2回英国祭でした。

イギリス王室のウィリアム王子が本宮を訪れたことが縁で、

プリンス・ウィリアムズ・パークが整備されるなど

本宮市はイギリスとの交流を深めています。

その一つ、本日の英国祭では本校の生徒が大活躍でした。

 

オープニングステージとして合唱部と吹奏楽部が演奏し、

JRC・インターアクト部の有志が

ワークショップのスタッフとして参加しました。

 

合唱部は美しいハーモニーでイギリスゆかりの曲を演奏しました。

すごすぎる顧問の独唱もあり

心が洗われる時間となりました。

 

一方、吹奏楽部は“かっこいい”という言葉がぴったりの演奏で、

楽しい時間となりました。

市民の皆さんも手拍子で参加してくださいました。

 

プラ板製作のテントで

JRC・インターアクトの生徒が活躍していたので、

私もプラ板をつくりました。

英国祭を表現したつもりです。

プラ板とは

専用のプラスチックのシートに絵を描いて

オーブントースターなどで加熱すると縮んで固くなることを利用して

アクセサリーなどに加工するものです。

 

 

 

 

「神災のカナタ」ネタバレ注意!!

 

9月16日(月)、サンライズ本宮で開催されたカナリヤ映画祭では、

本校の情報処理部と生徒会役員の皆さんが

スタッフとしていたるところで活躍していました。

その様子はすでにホームページに掲載されていますのでご覧ください。

 

そして、恒例の本校製作の映画「神災のカナタ」も上映されました。

これまでの作品とはストーリー展開と作風が大きく変わり、

新鮮で躍動的、質の高い作品でした。

 

~以下、ネタバレあり。閲覧注意!~

日本でしばしば起こる大きな災害は

神々の覇権争いによるものであり、

その争いの手が本宮高校の生徒にも及んで・・・

 

争う神あり

平和を祈る神あり

アクションあり

効果抜群の映像加工あり

迫力満点です。

特別出演の○○先生と□□先生は

日頃からは想像できない邪悪な表情での出演、

「監督の演技指導によるものです」とのこと。

 

小文化祭での上映をお楽しみに!

 

↓監督、出演者、スタッフによる舞台挨拶

右から二人目が演技指導のうまい監督