ブログ

女子ソフトテニス部 秋季大会福島県ベスト8&学年別大会第3位

 10月2日に福島県高等学校秋季大会が郡山市で行われました。この大会は、各地区上位3校しか出れない県大会の上位レベルの大会となっています。

 

福島県高等学校秋季大会 県ベスト8

 

 1年前はこの大会に出場することが精一杯で全く勝負になりませんでした。1年間いろいろなことを乗り越え練習してきた成果がしっかりと出ました。この大会については、2年生ペアの安藤・菅野と1年生ペアの渡辺・松本がよく戦ってくれました。

 2年の安藤・菅野は今までなら、厳しい試合になれば声が出ず、自分の殻にこもってしまい負けるパターンが多かったです。しかし、今大会については、しっかりと頭を働かせ、相手の特徴を捉え、先を読みプレーしてくれました。本当に成長したと思います。ただ、ファイナルに入り、先行してから勝負を焦りすぎて簡単なミスが出てしまったことが課題だと思います。

 1年生の渡辺・松本は前衛を攻められたり、大きく動かされたりと、苦しみながらも、リーグ全勝をしてくれました。それぞれ課題が出た試合ではありますが、それでも以前に比べれば我慢をしてテニスをすることができました。

 新人戦の県大会が11月にあります。また、県でも上位を目指し頑張らせたいと思います。

 

 2年 菅野のノート

 秋季大会では、1年前と比べるとすごく変わったなと思いました。去年は、この大会に出て自分たちのやりたいことができずにボロボロにされた記憶があります。ですが、今の私達は、県中地区・県南地区の上位の高校にも自分達のテニスが通用していたと思います。少しは成長できたのかなと思います。

 

1年 渡辺のノート ノートをそのまま上げます。

 

 

 9月25日に学年別大会が行われました。

1年生の部 渡邉(大玉中出身)・高橋(松二中出身)ペア 第3位

 学年別大会では、1年の渡邉・高橋ペアがしっかりと結果を残してくれました。この大会では、基本的なミスが少なく、自分達から崩れることがありませんでした。地区の上位の1年生ともしっかりと戦うことができてきました。今後もっと伸びてくれることを期待したいと思います。

 県北地区の戦いでしっかりと結果を残すペアが増えてきました。部活動内においても、競争が生まれ始まってきました。校内戦を行ってもどのペアが勝ってもおかしくないぐらい技術面が上がってきました。その中で、どれぐらい状況を読む力と先を考える想像力・思考力が勝敗を分けてきていると思います。

 地元の中学校の選手で結果が出てきていることが大変嬉しく思います。部活動体験会も実施予定ですので、ぜひ本宮高校へ足を運んでみてください。技術は問いません。少しでも高校でソフトテニスを頑張ってみたいと思っている中学生は体験会に参加してください。お待ちしております。詳しくは本校HPをご覧ください。

   部活動体験会 令和3年11月13日(土)(〆切11月8日(月)16:00まで)