お知らせ

本宮市との連携を基盤にして、本校の特色化・魅力化を推進 

 本校創立108年目となる今年度は、1・2学年が情報会計科1学級、普通科2学級の3学級編成となります。来年度には、全学年が3学級編成となり、生徒数、教職員数も減少していくことから、引き続き、校内体制の見直しを図って参ります。

 本校は、令和3年4月に本宮市と「包括連携に関する協定」を締結し、その繋がりを一層強化しております。本校の「総合的な探究の時間」では、本宮市のご支援をいただきながら、生徒たちが地域の課題に向き合い、若く柔軟な発想を生かした解決に向けた提言に結びつけることを目標に日々取り組んでおります。今年度から本格実施される新教育課程にも対応しながら、さらに地域と連携した探究活動を深化させて参ります。また、個に応じた指導・支援策として今年度からの教育課程に「自立活動」を位置付けており、特別な支援を必要とする生徒への支援を組織的に実施して参ります。さらに、台風19号の大規模水害の際の本校生徒による地域復旧支援活動での活躍や、東日本大震災とそれに伴う原子力災害からの教訓などを踏まえながら、本校ならではの防災教育を推進し、奉仕の精神を持ち、地域社会に貢献する人の育成にも力を入れて参ります。 

 <目標達成のために身に付ける8つの資質・能力>
〔真〕
① 各教科の基礎・基本及び専門性
② 主体的に考え、判断し、行動する力
③ 情報を収集し、分析する力
④ 自分の考えを表現・発信する力[令和4年度の重点事項]
〔結〕
⑤ 他者を尊重し、協働する力
⑥ 地域や社会に貢献する姿勢[令和4年度の重点事項]
〔身〕
⑦ 自他の心身を大切にする力
⑧ 自己を管理する力[令和4年度の重点事項]

 今、社会の激しい変化の中で、学校教育の在り方にも変化が求められています。私たち教職員一人一人が自らの資質を高めながら、新しい時代を担う人を育む学校づくりを推進して参ります。
 本校の今年度の取り組みにつきましては、「令和4年度 福島県立本宮高等学校 学校経営・運営ビジョン」もご覧ください。

 本校の教育活動へのご支援をよろしくお願いいたします。

                                                                                             令和4年4月    

                                                                                                校長 和田直也