ブログ

校長日記

「いいとこ頼むよ!」 7月15日(月)海の日 白河グリーンスタジアム

全国高等学校野球選手権福島大会の組み合わせと日程が決定、本校は7月15日(月)海の日、11:30、白河グリーンスタジアムにて、田島高校と相馬東高校の勝者と対戦することとなりました。

 組み合わせ抽選前日の放課後、校長室にいたところ、「いいとこ頼むよ!」という元気な声が聞こえてきました。抽選会に行く主将へ、野球部員が声を合わせて激励をしているところでした。選手宣誓は残念ながら実現しませんでしたが、多くの人が応援に行くことができる祝日の試合ということで、「いいとこ引いた」のでは?雨天順延にならないことを祈ります。

これまでの積み重ねで得た、自分たちの持てるものを存分に発揮してほしいと思います。

皆さん応援お願いいたします。

 

沖縄慰霊の日に想う

6月23日は、沖縄慰霊の日~74年前太平洋戦争での沖縄での戦闘が終わった日~でした。激しい地上戦(住民が暮らす場所での戦闘)が行われ、住民の1/4が犠牲となったといわれています。

沖縄戦では特攻隊や学徒隊など、多くの十代の若者も命を落としました。「ひめゆり学徒隊」は有名です。10代の女子生徒が戦争の前線で負傷した兵士の看護を行い、敗戦が濃厚になった6月18日、突然戦場に放り出され、多くの学徒隊がこの直後に命を落としました。74年前の十代の若者たちにも、夢や希望があっただろうに。

 

沖縄全戦没者追悼式で、小学6年生の山内玲奈さんが「平和の詩」を朗読しました。

 

家族と友達と笑い合える毎日こそが本当の幸せだ
未来に夢を持つことこそが 最高の幸せだ

「命どぅ宝」(命はなによりも大切なもの)
生きているから笑い合える
生きているから未来がある

令和時代 明日への希望を願う新しい時代が始まった
この幸せをいつまでも

 

 令和が、世界のすべての人にとって夢を持ちミライを創ることが時代でありますように。

「ココで創ろう 君のミライ」

 

「ふつうってなんだろう?」①

最近NHKで「ふつうってなんだろう?」という2分ほどのアニーメーションが放映されています。発達障がいの「困りごと」について、当事者の経験をもとに表現され、実感を持って理解できる内容で、「ああ、こういうことなのだ」と納得できるアニメです。しかし、このアニメ、発達障がいに対する理解を深めるということ以上のメッセージを発しています。

 

「私にはどうにもならないふつうがある~♪」「あなたのふつう わたしのふつう~♪ ふつうって一体なんだろな♪」という言葉が、軽快な音楽にのって流れます。「“ふつう”は人の数だけある」との考えのもとに作成されたそうです。

 

「ふつう、○○○○だよね」という言葉は、それぞれの基準と、それまでの他の人との交流などから学んだ経験とのバランスによって発せられる言葉なのだろうと思います。しかし、他の人と一緒に何かをしている時、それぞれが「ふつう」と考えて行っていることが(すこしの違いはもちろん、大きく)違うということはよくあることです。

 

“ふつう”ってなんだろう?

 

アニメ「ふつうってなんだろう?」のナレーションは、なんとアニメに描かれている「ご本人」によるものだそうです。インターネットで動画の視聴ができます。

めざせ!あいさつ世界一

私が、昨年本宮高校に転勤してきてまず驚いたことは、あいさつと清掃が実に素晴らしいということです。そこで今日はあいさつについて書きたいと思います。

私は他の学校に行く機会がありますが、たくさんの生徒があいさつしてくれることやその元気さで、本宮高校は群を抜いています。あいさつで「福島県No.1」の高校と言えます。そして、それを支えているのが、生徒会役員による毎朝のあいさつ運動です。役員のみなさんありがとう!

あいさつ運動を毎日行うようになって3年、「生徒のみんなの心を明るくしたい」という理由から始めたそうです。元気にあいさつされると思わず笑顔になりますよね。

しかし、私にとってはかなり意外なことに、「100%の人があいさつを返してくれるわけではない」とのことです。ちょっと残念に思いました。あいさつは人と人との関わりの基本、何事もあいさつから始まります。

というわけで、すでにかなり高いレベルに達している本宮高校のあいさつですが、さらにグレードアップして、「あいさつ運動で100%あいさつを返す」ことを目指しましょう。

そうしたら、「あいさつ世界NO.1」の高校となるのでは?めざせ世界一!

 

 

花紅柳緑(かこうりゅうりょく)

6月15日(土)、本宮市の英国庭園でフラワーフェスティバルの開会式が行われ、

オープニングアトラクションとして書道部が書道パフォーマンスを行いました。

その時の書いたのが「花紅柳緑(かこうりゅうりょく)」で、

「花は紅、柳は緑」という意味で自然の美しさを表す禅の言葉だそうです。

フラワーフェスティバルのオープニングにふさわしいですね。

扇子にもなりました。

 

さて、皆さんは人生でどんな花を咲かせるのでしょう?

私は人生の折り返し地点は過ぎたと思われますが、

自分ではまだ花は満開にはなっていない、人生これからだ、などと思っています。

そういえば「世界に一つだけの花」という平成を代表するヒット曲がありましたね。

皆さんそれぞれが自分色の花(=夢)を育て咲かせて行けるよう応援していきます。

ココで創ろう 君のミライ~校長日記~

 校長日記をはじめることとなりました。

 変化が激しい社会の中で、学校も変革の時期にあります。そんな中、本校が目指すものをわかりやすく、本校生徒や本校を志願する中学生に伝えたいと思い、「ココで創ろう 君のミライ」という言葉をつくりました。本校の学校教育目標である「自らの人生を切り拓く力とよりより社会を創る力を持った人間の育成」を高校生目線でいうとこのような言葉になるだろうと考えています。

 「ココ」とは、今・現在、この場所、個々(ひとりひとり)を示し、「ミライ」には、未来、美蕾(雷はつぼみのこと、今美しく咲こうとする花)などの意味を込めています。

 人生は挑戦(チャレンジ)の連続で、挑戦の積み重ねが未来を創ります。失敗を恐れず挑戦をし続け、自分と社会の未来を創っていってほしい、その挑戦を本宮高校はサポートしていきます。そして、未来は、「今」「ここで」「ひとりひとりそれぞれに」始まっているのです。

 校長日記を今後もどうぞよろしくお願いいたします。