ブログ

校長日記

第8回 カナリア映画祭

本日、11日(日)、しらさわカルチャーセンターで開催された第8回カナリア映画祭に、本宮高校の生徒制作の作品が2作品上映されました。「家族、~失って気づく大切さ~」と「あの日の君へ~その姿がなくなるまで~」のそれぞれ約10分の作品でした。それぞれに、家族やいじめ等のテーマが設定されていて、いろいろと考えさせられる作品でした。今年は、映画祭に参加された方が少なく、もっと多くの皆さんに見ていただきたかったのですが、その点が残念でした。檀陵祭等での上映もありますので、ご覧ください。

文化祭(檀陵祭)の準備

本校の3年に一度の公開文化祭(檀陵祭)が、来週の18日に迫ってきました。今年は、多くの皆様に見ていただくはずでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、生徒の家族や極わずかのご来賓のみとさせていただき、その方々に代表して、クラス展示やステージ発表等をご覧いただくことになりました。いろいろな行事や大会等が、中止や変更を余儀なくされている中、見ていただく方々は限定させていただきましたが、生徒たちの発表等は、フルで行うように準備が進んでいます。私自身、ある部活の企画に参加するのに、練習に参加してきました。とても、楽しい時間で、当日がより楽しみになりました。

朝の登校の様子から

本日(17日)と明日、本校では教職員が分担して、朝の登校指導を実施いたします。本日も7箇所で、教職員は生徒たちとあいさつを交わしながら、指導にあたりました。私は、JR本宮駅前で、東北本線の上りと下りのそれぞれで通学してくる生徒が列車から降り、改札をくぐって学校に向けて、歩く様子を本宮駅前で見させて頂きました。本宮高校の生徒が降りてくるホームには、それぞれの列車に乗り込もうとしている他の高校の生徒の姿が多く、駅前はそれらの生徒を送ってきた家族の方の車で混雑している様子が印象的でした。本校生徒の歩く様子を見ていて、上り坂をも苦にせず、足どりも軽やかそうで、若い高校生はさすがだと、改めて感心していました。「道幅一杯にひろがって歩いている」等とお叱りをうけることもあるのですが、本日はそのような姿もみられす、いつもこうあって欲しいと思いました。これから日が短くなり、下校時には車のドライバーの方から見えにくいことも起こることが予想されます。道路の横断の時などは、ドライバーの人は気付いているはずと、決めつけず、車の停止を確認してから渡るなど、自らの命は自分で守る姿勢も大切だと思います。秋の交通安全運動は、9月21日(月)~30日(水)の10日間で、運動期間最終日の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっているそうです。通学時の交通事故は常にゼロであって欲しいです。

学校説明会を実施して

9月11日(金)には、安達郡内や郡山市内の中学校の先生方にご参加頂き、本校の学校説明会を実施しました。本校生徒の学習の様子を授業参観して頂いたり、本校の概要や令和3年度の入試に関しての説明などを行いました。昨年度から実施し始まった特色選抜のことや本校で重視している面接のことなど、多くのご意見やご質問も出されました。ご意見等も参考にさせて頂き、校内での検討を進めていきたいと考えております。

2学期がスタートしました。

昨日24日に、2学期がスタートしました。始業式での話しの内容を掲載しますので、ご覧下さい。

 第2学期のスタートにあたり、お話しをさせて頂きます。
まずは、この第一体育館にこうして、全校生徒が集まって始業式が出来ること、ほっとしています。1学期は、始業式や終業式、他の行事でも、放送を使用してこのように集まる機会を設けることが出来ませんでしたが、距離を保つなどの配慮をしながら、出来る限り2学期はやれることはやるという姿勢でいきたいと考えています。
 この夏休みは、例年から比べると、かなり日数の少ないものとなってしまいました。そこで1学期の終業式に、「やるべき事をまずしっかりと確認し、落ち着いて計画的に取り組んで、それぞれをレベルアップしてくれるものと期待しております。」と、お話ししましたが、いかがだったでしょうか。

 1つ、皆さんに報告をします。8月6日に白沢中学校の校長先生から、お礼の電話を頂きました。それは、前日の5日、自転車に乗っていた白沢中学校の男子生徒が、本校の近くで熱中症のため転倒した際に、本宮高校の複数の生徒がすぐに駆け寄ってきてくれて、消防署に素早く連絡してくれたとのことでした。このことから、谷病院に救急搬送されましたが、比較的軽くて、すぐに回復されたとのことです。学校に、高校生なのに○○していた、○○ができない、といった苦情の電話が時々ありますが、さすが高校生というこういう電話はとても嬉しいものです。私の耳には入っていない、さすが高校生、本宮高校の生徒は違うね、といった行動が他にもたくさんあったんだろうなと、思っています。これからも、よろしくお願いします。ぜひ、授業はもちろんですが、文化祭や部活動など大いに活躍して頂きたいと思います。

 話は変わりますが、この夏休み中に向かえた終戦記念日、8月15日は、75年目の節目の年となりました。75年前に終わった第二次世界大戦、日本では日中戦争や太平洋戦争などと対戦している相手や場所や時期によって区別する言い方もありますが、昭和20年8月15日はこの大きな戦争が終わり、節目の日となりました。75年を経過したこの戦争の教訓は、戦争はやってはいけない、広島や長崎のような悲劇を生まないために原子爆弾を使ってはいけない。といったことは当然のことでしょうが、これだけなんでしょうか。戦争は、多くの人たちの命を奪いました。当時の日本国民の約4%もの人命を失いましたが、心のダメージということで考えると、全国民が何らかの心の傷を負いながら、戦後、復興に向けて懸命に取り組んで今日の日本の礎を気づかれたのだと思います。
 また、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故から、来年の3月で10年目を向かえようとしています。震災の時には、皆さんは小学校の低学年だったり、入学する前の幼稚園や保育所などに通っていた頃だったと思います。この10年間、10年前の震災から学んだ教訓はしっかりと生かせていますか。
 そして、昨年の10月の台風19号では、本県は全国最高の死者数37名となったり、ここ本宮市でも甚大な被害だったことは、記憶に新しいと思います。復旧も完全に終わっていない今年に入ってまもなく、新型コロナウイルスの猛威が全世界を襲って、今に至っています。
 新型コロナへの対応は、今までも言い続けていますが、私たち一人一人が、、距離をとることや手洗いや消毒など、常に緊張感を持ってしっかりとした行動をとることが大切なのは変わりありません。

 新型コロナというウイルスへの対応の中で、感染とは直接関係のないものの、多くの人が経済的、精神的にも大きなダメージを受けていることが、様々なメディアで報道されています。
 このような時だからこそ、皆さんには、高校生だからこその意識を持って、人の気持ちをくんで、優しく対応することが出来る人になって欲しいと思います。そのために、次の2つが大切だと思います。
 1つ目は、当たり前と言えば当たり前ですが、新型コロナウイルスの科学的な理解をすすめることです。目に見えないので、確かに怖いのですが、原発事故の後の放射線への理解と同じで、ウイルスの科学的な性質を理解することで、○○だからこう対処するという、根拠に基づいた適切な注意や、気を付けるポイントをしっかり絞っての対応が可能になります。
 情報は、この時代いろんなとこにあります。あふれるほどたくさんある情報から、自分自身に必要な情報を取捨選択することも学習だと思ってやってみてください。そして、同級生や家族と議論をしたり、情報を共有することも大切です。まさに生きる力、生き抜く力の実践です。

 そして2つ目は、相手の人の状況を想像できる力を身に付けることです。相手の状況を、こうかもしれない、ああかもしれないと想像できることとは、実はかなり難しいことだと思います。でも、多くの学びや経験を重ねることで、何故その人が、そういう行動をとっているのか、ある程度推測することが可能になります。授業でも、部活動でも、自分の頭でしっかりと思考すること、考えることが直接関係してくるんだろうと思います。日常生活においても、家では家族、学校では同級生や同じ部活などの先輩や後輩との関わりの中でも、何故そういうことを言うんだろう、なんでそんなことをするんだろうと考えながら接することで、自分自身の思考力に幅や深みがでるものと思われます。相手の立場を尊重して、いろいろなものの見方や考え方があることを理解し、相手の状況を想像できる力をしっかりと身に付けることができれば、結果として、相手にやさしく接することが出来るのだと思います。「ココで創ろう 君のミライ」の本校のキャッチコピーがありますが、今話をした、科学的に理解することと、相手の状況を想像できる力を身に付けることは、未来に向けての、準備段階なのだと考えられます。
 先ほど話をした、戦争や東日本大震災、などでも、人の言葉に傷ついた話はたくさん報告されています。なによりも怖いのは、傷つきたくない、周囲の目があるからと、同調圧力による不必要な同調行動をとり、またそれが大きなストレスや不安、場合によっては実害につながることです。こんな話もありました。マスクをしなければいけないと、意識するが為に、結果として熱中症で救急搬送された事例も報告されています。あるJRの駅で、体調の変化にも気がつきながら、マスクを外すと誰かから何か言われそうだなと思って、マスクをし続けていた30代の女性の方が、意識を失って倒れてしまったそうです。幸いすぐに回復されたので良かったのですが、マスクは手段です。大切なのは、感染拡大防止なので、距離をしっかりと確保しておけば、マスクは外しても問題ないはずですが、同調圧力を意識しすぎるとそれもまた弊害となることも頭に置いておいてください。

最後になりますが、2学期は長丁場です、健康に気を付けて、頑張りましょう。3年生は、進学、就職、それぞれの自分の進むべき道に向けて、限られた時間を有効に使って欲しいと思います。
1、2年生は、それぞれ2学期の目標を掲げて、自分なりの確実な成長を感じることの出来る2学期にしてください。

吹奏楽部の演奏の収録

本日(6日)の午後、エフエム モットコムの3名の方々が来校され、吹奏楽部の演奏を収録しました。収録は、視聴覚室で行い、編集された動画は、今週の土曜日の夜(19時過ぎ~)の本宮駅前のスクリーンやYouTubeのライブ配信で見ることが出来るそうです。その後は、今月中であればYouTubeで再生して視聴することもできるそうです。
是非、ご覧下さい。
吹奏楽部の収録風景

収録風景2

生物実験を参観して

 本日の4校時、1年生の生物基礎(酵素のはたらき)の実験を参観しました。肝臓などに多く含まれる酵素、カタラーゼのはたらきを、確認するための実験です。ブタの肝臓片を用いて、過酸化水素水を水と酸素に分解することを、試験管Aの過熱していない生の肝臓と3%の過酸化水素水のみの場合、酸素の発生により確かめることができました。過酸化水素水ではない水の場合のB、肝臓片に熱を加えるために煮たC、強い酸性とするために塩酸を加えたD、強いアルカリ性にするために水酸化ナトリウムを加えたEは、どれも反応が(ほとんど)ありませんでした。後半は、カタラーゼと同様のはたらきをする二酸化マンガンも、過酸化水素水を分解することを確かめました。

 実験は、教科書や他の書籍に書いてあっても、納得できる最良の手段だと思います。時間や器具等の都合により、教科書に記載されていることをすべて実験することは叶いませんが、実験や観察を授業で扱った場合、何故そのような結果になったのかしっかりと理解しておくことが大切だと思います。余談ですが、最近は自宅等でマッチを使う機会があまりなく、本日の生徒の実験を見ていて、あらためて普段マッチ使ってないんだなと、いろいろと考えさせられました。皆さんは、マッチを上手に擦れますか?

カタラーゼ実験1

カタラーゼ実験2

期末考査終了

先週の金曜日、7月3日に、期末考査が終了しました。1年生にとっては、中間考査が中止となりましたので、高校入学後の初の定期考査となりました。廊下にカバン等が並べられている光景は、中学校の定期テストと大きな違いを感じました。昨日と本日は追考査が会議室を会場に実施されました。校長室は会議室の隣であり、余計な音を立てては、集中力が欠けてしまい、迷惑をかけるのではと、私自身も少し緊張していました。先ほど5校時の時間に校舎内を歩いていたところ、答案が戻され、問題の解説をしている先生の声が聞こえてきました。考査は終了しましたが、しっかりと、説明を聞いて理解し、次につなげてほしいものだと思います。それが終わって、本当の意味での期末考査終了です。

化学実験を参観して

本日の、1校時に化学室で行われた、2学年の化学実験「成分元素の検出・炎色反応」を参観しました。
実験の最後には、とても綺麗な色の炎色反応が見られ、成分元素の同定をすることができました。
画像に撮りましたので、掲載させていただきます。
Li,K,Sr,Ba,Cuの5種類ですが、どれがどの元素か、皆さんはお分かりになりますか。

化学_炎色反応

地震による避難訓練を終えて

昨日は、地震を想定した避難訓練を実施しました。地震発生直後の教室で机の下に退避し、その後、校庭の避難場所までの避難経路の確認を兼ねて、実際に避難をしました。話をしながら避難する姿も少し見受けられましたので、いざというときに役立つ訓練とするためにも、是非、リアリティーを自分自身が想定して、緊張感をもって取り組んでほしいと思います。校庭に避難した全校生徒に、次のような内容の話をしましたので、掲載します。

『避難訓練の機会に、防災ということについて、少しだけお話しをしたいと思います。皆さんにとって、一番大切なものは何でしょうか?
携帯電話、お金の入った財布、・・いろいろと想像する人がいるでしょうが、皆さんだけでは無く、すべての人にとって一番大切なのは、命です。この命を様々な、災害から守るのが防災という事になります。
災害は、いろいろとありますが、皆さんにとっては9年前の東日本大震災の地震や津波のことを想像する人もいるでしょうし、昨年10月の、令和元年東日本台風、台風19号といった方がわかりやすいでしょうか、それを思い出した人もいると思います。規模の大きな自然災害が被害を受ける人の数、被害をうけた建物の数も甚大であり、確かに印象には残りますが、災害はそれだけではありません。火災などもあります。ちなみに、昨年度、令和元年度に火災で命を落として人は、全国で1500人ほどになります。その大半が、住宅火災によります。つまり、自宅にいて命を落としているのです。
そこで、考えて欲しいのは、火災だけではないのですが、地震でも、火災でも、水害でも、学校のように、指示を出してくれる先生と一緒にいるときに災害に遭遇することよりも、自宅で、通学の途中で、バイト先で、それも自分一人でいるときにということがあり得ると言うことです。つまり、自分で、しっかりと考えて、判断し、行動しなければならいということだと思います。皆さんの大切な命を守るのは、自分自身だと言うことを忘れないでください。

そこで、本日のことを最後に振り返りたいと思います。地震による被害、被災を防ぐために、教室から校庭に避難してもらいました。校舎内にいるよりも、校庭の方が被害に遭うリスクを回避しやすいと言うことから、机の下にもぐって、揺れをしのいで、ゆれのおさまるタイミングで、落下物やロッカー等の転倒などの可能性の低い校庭に避難してもらいました。学校だとこういう感じで良いのでしょうが、皆さんの自宅で、一人でいるときに、大きな地震が来たら、ということを想像してください。どういう行動をとりますが、最近のマンションやアパートなどで、免震の建物だと、落下物の危険を考えれば、その場にいることが最もリスクが低いかもしれません。また、今日は地震だけの想定でしたが、海沿いや、大きなダムなどの下流近くの場所であれば、津波やダムの決壊などのことも想定した避難が必要です。地震が引き金となって、火災が起こることもあります。どのようなリスクに対して、どう回避するのがよいのか、これからは、しっかりと自分の頭で、想像力を働かせながらこういった訓練に臨んで欲しいと思います。』

新規高等学校卒業予定者の就職機会確保の陳情

本日は、タイトルの件について福島市のコラッセに、高等学校長協会就職指導対策委員として、他の委員の校長先生、会長や県北支部長の校長先生、県高等学校PTA連合会の黒森会長さんと行ってきました。福島商工会議所連合会、福島県商工会連合会、福島県中小企業団体中央会のそれぞれにお邪魔して陳情書をお渡しさせていただきました。本校の3年生にも多くの就職希望者がいますが、それぞれの夢の実現に寄与できればと願っています。

登校時間の通常化、他

昨日の6月9日(火)より、登校時間が通常の午前8時35分と戻りました。朝の読書活動もスタートするなど、学校の普段の活動にようやく入った感じがしています。部活動は8日(月)から再開されましたので、朝から放課後までの学校教育活動がフルで動いていることになっています。授業の様子を参観して私自身感じていたり、先生方の話などからも聞かれますが、長い自宅での生活から脱却でき無い様子が少し見られるようです。体力が落ちていたり、学校生活のリズムに乗りきれていなかったり、体調がいまひとつの生徒もいるようです。早く、学校生活のリズムを取り戻して、進路実現に向けて、各自の取り組むべき事に集中してもらいたいと思います。本日と明日は、交通安全街頭指導を行っています。暑い日も続くようですが、登下校の交通安全にも留意し、被害、加害ともゼロでありたいと願っています。

授業の再開にあたって

本日、6月1日より、6校時の授業が再開となりました。まだ、時間差通学の短縮授業であったり、部活動が中止のままであるなど、完全な状態での学校生活を行うにはもう少し時間がかかりますが、お昼のパン販売が再開したり、日常を感じさせられる場面も多く見られました。本日の朝のSHR時に、全校生徒に向けて以下の内容の話を放送で行いましたので、その内容を下に掲載しておきます。

『全校生徒の皆さん、おはようございます。先々週の登校日から、出席番号の奇数番号と偶数番号に分かれて、分散登校などは始まっていましたが、いよいよ本日より、全校生徒がそろって、授業などの再開となります。まずは、臨時休業の期間中、無事に過ごすことができ、皆さん全員での教育活動を再開することができるのは、何よりだと思います。

福島県内の新型コロナウイルスへの陽性が判明した方は、5月8日に発表された81例目の方を最後にして、その後は本日まで出ていません。ただ、九州の北九州市のように、しばらく感染者の方の数0が続いていても、急に市内あちらこちらから感染者が報告され、小学校ではクラスターも発生しているようで、とても心配されるところです。皆さんも、一定の緊張感を持って予防行動をとり、登下校や学校生活送るなどをして欲しいと思います。予防行動については、先生方の指導内容をしっかりと理解した上で、自分自身のとるべき行動を、自ら考えて、自ら判断することが求められます。そのためにも、なぜそういう対応をするのか、その意味をしっかりと考えて、先生方の話を聞いて欲しいと思います。

話は変わりますが、6月、7月と、年度当初の予定から、いろいろと計画を変更することになります。中間考査の中止や、期末考査の期日の変更、1学期の終業式が7月31日になるといったことがあります。それ以外にも、いろいろとありますが、今後検討していくこともありますので、先生方からの連絡等をしっかりと聞いて、対応して欲しいと思います。

最後になりますが、今後も、いつまた臨時休校などにならないとも限りません。そう考えると、1時間、1時間の授業や、毎日の諸活動など、それぞれがとても貴重なものとなります。
いままで以上に、授業、部活動、生徒会活動など、感染防止に努めながらも、1つ1つに集中して、しっかりと取り組んでください。不自由で、大変な思いをすることもあるかもしれませんが、皆さんの今後の将来に役立つ、貴重な経験と学びになることもあると信じています。6月、7月の夏休み前の2ヶ月間、まずは頑張りましょう。』

6校時の総合実践室(南)の様子

本日より分散登校による授業再開

本日5月25日(月)より29日(金)までの一週間、分散登校により授業が再開されました。本格的には、来週の6月1日からとなりますが、午前と午後に分かれて、出席番号の偶数と奇数で半数ずつの授業が行われました。初日の本日から、体育で校庭のトラックを走る姿が見られましたが、いきなりなのでバテ気味の生徒さんもいたようです。生活のリズムを早めに回復させて、来週の6時間の授業に備えて欲しいと思います。

また、先週の20日(水)~22日(金)の3日間で、学年毎の登校日となっていました。登校した際には、生徒一人一人が、Google(G Suite)のClassroom用のアカウントの設定を行いました。

GoogleのClassroom用のアカウント設定の様子

画像は、22日(金)のアカウント設定の様子(1学年)です。
Classroomは、授業をはじめとした様々な場面での活用が可能です。
日常的な様々な活用と、臨時休業等の時に利用できることが期待できます。

明日から臨時休業

明日から、5月6日(水)までの間、臨時休業となります。
本日、登校できなかった生徒の皆さんも相当数いましたので、放送による
全校集会での話しを聞くことが出来なかった人もいました。
そこで、TOPページの方に、話の内容を掲載させて頂きました。
ご確認ください。

先行きが見えにくい状況にありますが、心と身体が健康でさえあれば、
この先、様々なことを学び経験できる機会は必ずあります。
生徒の皆さん全員が、この新型コロナウイルスに関する自粛等の
期間が終わり、感染のリスクが下がった時、
明るく、学校に戻ってこれるよう、
この休業期間を前向きに乗り切ってもらうことを強く願っています。

対面式にて

4月9日、対面式が実施されました。
本来、対面式は、本年度最初の新入生と在校生が一堂に会する場であり、
本校生徒が、一体感を持ってもらうためにも、重要な行事であると思います。
残念ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対応で、
放送による対面式となりました。
放送による対面式、放送中の様子

 

 

 

 




[画像は、職員室から放送している様子です。]

対面式の後、1年生は、第一体育館に移動して、
各部活動ごとの紹介や説明を受けていました。
いろいろと準備してくれた生徒会や各部の皆さん、
新入生のためにありがとうございました。

※式の中で、私の方から、
令和4年度末までの活動となる部活動についての説明をしました。
今後、学級減となった際の、生徒数や教職員数の減少で
現状の部活動を維持することが難しくなることから
令和元年度、校内で検討していたことです。
学級減も、人口減少の影響であり、
人が減ることで本校の部活動の減少にも
関連するなど、寂しさや淋しさを感じます。
ただ、活動する生徒一人一人は、
精一杯、授業とは違った自分を出して
元気に活躍してもらいたいです。

入学式を終えて

4月8日(水)14:00より、本校第一体育館において、入学式を予定どおりに

実施することができました。

新入生の皆さん、保護者の皆様、あらためまして本校へのご入学、おめでとうございます。

そして、ご臨席頂いた来賓の皆様、お忙しい中、新入生144名の新たなスタートに

立ち会って頂きまして、ありがとうございました。

代表してご祝辞を頂きました 本宮市長 高松義行 様には、とても気持ちの入った

心温まるお言葉を頂戴し、感激しております。また、新型コロナウイルス対策の関係で

式の中ではお言葉を頂くことができませんでした、PTA会長 大槻栄二 様、

体育文化後援会長 三瓶亜記子 様、同窓会長 遠藤博 様からは、控え室等で

新入生への熱い祝意をお聞かせ頂きました。今後も、よろしくお願いいたします。

 

式辞の中で、新入生に向けて述べさせて頂いた部分を、掲載させて頂きます。

『さて、新入生の皆さん、皆さんはここ、本宮高校で、何を何のために学ぶのでしょうか。その答えは、皆さん一人一人、異なるのだと思います。3月に実施した本校の入学者選抜の時の面接や、出願の際に提出した志願理由書などに、どんな志や思いを持ち、答えたでしょうか。今、あらためて思い起こして下さい。その中に何を何のために学ぶべきか、何を学びたいと思ったのかの答えがあると思います。しっかりと、自分の胸に持ち続けて欲しいと思います。
 皆さんに、共通することもあると、私は思います。それは、本校の学校教育目標にある、「自らの人生を切り拓く力」と、「よりよい社会を創る力」、この二つを身につける為の学びなのだと思います。本校の三年間で、そうした力をしっかりと身に付けてほしいと、強く願います。
 そのためには、日々の授業、学校行事、生徒会行事、部活動、地域での活動等に、しっかりと取り組んでください。また、多くの仲間とともに、力を合わせ、難しい判断をしたり、課題を解決したりする経験を積み重ねてください。本校卒業後に大人として生きる皆さんを支え、幸せな人生を築く力につながる、と私は考えます。
 本校の校訓は、真摯(しんし)、結束(けっそく)、身命(しんめい)であり、これらを合わせて「真結身の教え」と呼んでいます。この「真結身の教え」もまた、ひとつひとつのことに正面から向き合い、互いを認め、支え合い、力を合わせることの必要性を、伝えています。
 また、昨年度から使用している生徒の目線で本校の教育目標を表しているロゴ、「ココで創ろう君のミライ」ですが、ココとミライがカタカナで表記されています。ミライは、過去と未来の「未来」と、美しい蕾(つぼみ)の二つの意味が込められています。咲き始めようとする美しい蕾である皆さん新入生が、未来の、進歩した社会で、幸せな人生を送っている自分を思い描き、夢を持ち、その実現を目指して、本校での三年間を過ごし、将来、しっかりと立派な花を咲かせて欲しいと思います。』

 

着任のごあいさつ

4月1日に、着任しました校長の阿部洋己(あべひろき)です。

福島県教育庁義務教育課より異動してまいりました。

前任の黒川佳子校長先生の進めてこられた学校経営の方針を引き継ぎ、

生徒一人一人の良さを生かし、各自の夢と希望の実現に向けた

支援ができるよう取り組んでいきたいと考えておりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

ごあいさつ

本日、校門から昇降口に向かう坂道の

桜が開き始めました。

本格的な春の訪れです。

そして、私黒川も本宮高校を離れることとなりました。

30年以上の教員生活で最も濃厚で、

あっという間の2年間でした。

心優しく、礼儀正しく、

何にでも一生懸命取り組む生徒の皆さんと関わることができたこと、

生涯わすれません。

 

保護者の皆様、学校を支えてくださり

本当にありがとうございました。

 

本宮高校の皆さん、

皆さんひとりひとりにはその人にしかない良さがあります。

その良さをいろいろなところで発揮してください。

そして、これからの自分の未来をしっかりと歩んでください。

 

今年の春は新型コロナウイルスにより

いつもとは異なる春です。

しかし、皆さんとともに力を合わせこの困難を乗り越えたとき、

私たち人類は一歩進んだ未来を見ることができるのだと思います。

ともに、この困難を解決していきましょう。

 

2年間本当にありがとうございました。

皆さんがの活躍と幸福な未来を祈ります。

では、またお会いする時まで。

本宮高校史上初! 終業式生中継

エフエムモットコムさんのご協力により、

ラジオによる終業式の生中継を行いました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校中ですが、

今年度に区切りをつけ次年度への準備をしてもらうために、

今できる形での終業式となりました。

内容は「校長の話」「厚生部からの話」でした。

 

校長からは、今年度の振り返りと

今、世界が立ち向かっている新型コロナウイルスから

私たちの社会を守るために

高校生として持ってほしい心構えについて話をしました。

 

厚生部からは、体調管理と生活の在り方について話をしました。

 

エフエムモットコムさんに

機材を学校持ち込んでいただいての生中継で、

手に汗をかきながら、かみかみの中継でした!!

ラジオ生中継は校長にとっても人生初の貴重な体験でした。

聴いてくださった皆さん、

エフエムモットコムのスタッフの皆様

ありがとうございました!

 

新型コロナウイルスが

今後私たちにどのような影響を与えるのかについて

先が見えないというつらさがあります。

しかし、影のそばには必ず光があります。

みんなで心を一つにして、

その時が少しでも早くくるよう、

ひとりひとりができることをしていきましょう。

卒業おめでとう

3月1日(日)、令和元年度卒業証書授与式が行われました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、

在校生は送辞を読む1名のみの出席となり、

また、「君が代」をピアノ演奏のみにしたり、

祝辞の一部を割愛したりするなど、異例の卒業式となりました。

 

しかし、いただいたご祝辞も在校生による送辞も、

卒業生ひとりひとりの心に届く内容でした。

また、卒業生による答辞もこれまでお世話になった方々への感謝と

在校生に対する暖かい言葉に溢れていました。

在校生が送辞を聴く機会を速やかに設ける予定です。

 

卒業式の後は最後のホームルームを行いました。

例年は教室で行うホームルームですが、

今回は感染防止のため、体育館など広い場所で行うこととしました。

卒業証書を受け取った後、

ステージ上で記念撮影をするなど、

高校生活が終わってしまうのが名残惜しい様子でした。

今回の新型コロナウイルスの対応のように、

これからも社会全体で解決すべき問題がでてくると思いますが、

卒業生の皆さんは社会の一員として力を合わせて立ち向かって、

よりよい社会を創ってほしいと思います。

 

そして、何よりも

卒業生の皆さんの人生が幸せで満ち溢れたものとなりますように。

郵便局でアルバイトをしました

年末に野球部やサッカー部の部員と有志が

郡山東郵便局で仕分け作業のアルバイトをしました。

郡山東郵便局は機械で大量の郵便物を仕分けするために建設された

窓口のない、そしてとてつもなく大きな郵便局です。

 

そうはいってもすべてが機械で完了できるわけではないようで、

アルバイトでは、手作業で年賀状を仕分けしたり、

機械が読み取れなかった郵便番号を入力したりしたそうです。

社会や仕事について学ぶことが多かったのではないでしょうか。

 

2月13日(木)郡山東郵便局の局長さんをはじめ3名の方が来校され、

局長さんから、野球部、サッカー部員にねぎらいのお言葉と記念品をくださいました。

ありがとうございました。

 なお、本校生徒のこのアルバイトの様子については、

12月28日(土)の福島民報新聞にも掲載されました。

3年間郵便局でのアルバイトを続けた野球部の3年生の

「投函(とうかん)者の思いをしっかり届けたい」という言葉が

印象的な記事でした。

 

郵便で紙やはがきを出すという機会は以前に比べて激減しています。

しかし、3年生での進路活動では必要ですよ!

 

最後にアルバイトをした生徒からの皆さんへのメッセージです。

「郵便番号の数字を崩して書くと機械が郵便番号を読みとれません。

正確に書いてください。」

本宮高校百景その七~ヒカリとカゲ~

見慣れた風景も少し見る角度を変えてみると

全く新しい風景となります。

次の写真はどこの風景かわかりますか?

ちょっと引いて撮影した写真がこちらです。

いつもの満天星並木の坂道で、光と影が創り出す風景です。

光と影が創り出す風景にはこんなものも。

 

ところで「カゲ」と呼ぶ、似たような言葉に、「陰」があります。

「影」は光が遮られてできる「模様や形」のことを示し、

「陰」は光が当たらない「場所」を指すとのこと、

そういえば「日陰(ひかげ)」は、

日光が建物や樹木などに遮られた場所のことを呼んでいます。

 

そうすると夜は「陰」ということになるのでしょうか?

ライトアップ、イルミネーションという幻想的な風景は、

「光」と「陰」と「影」が創り出していることなります。

 

「影」や「陰」という言葉には暗いイメージがありますが、

もしこの世の中に「カゲ」がなかったら、

それはのっぺりとした単調な世界になってしまうでしょう。

月が美しいのも、光と「カゲ」のよるものですし、

オリンピック等のビッグイベントの開会式や閉会式は

たいてい夜に行われ、光と「カゲ」が織りなす美しいショーとなっています。

東京オリンピックの開会式も楽しみですね。

 

光だけでなく「カゲ」があるからこそ、

この世界には変化があり、彩があり、私たちの感性が動くのだと思います。

そしてそれは私たちの人生にも当てはまることでしょう。

 

どんなスターであれ常にスポットライト(光)を浴びているわけではなく、

人の目の降れない場所(陰)での毎日の積み重ねがある。

人生は常に明るく楽しいこと(光の時間)ばかりではなく、

苦しいことや悲しいことやくやしいこと(カゲの時間)があるからこそ、

人は成長し、また、何かを成し遂げたときの喜びは大きいのだ、

私はそう思います。

 

光があるからこそ「カゲ」は存在する、つまり表裏一体のもので、

今、自分が「カゲ」の中にいるとしても、

すぐそばに光のあたる場所があり、

永遠に「カゲ」の中にいるわけではないと

どこかで私たちは感じている、

だから、苦しいことや悲しいことを克服できるのではないでしょうか?

 

そういえば評判の演劇部の演目「バイバイ ブラックノート」も、

「影」が重要な役割を果たす高校生の成長物語でしたね。

「ヒカリ」と「カゲ」が織りなす珠玉の名作です。

頑張れ受験生 未来を創ろう!!

令和2年度の県立高等学校の前期選抜出願が締め切られました。

本校へ出願してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

これから前期選抜試験当日まで、健康に留意し、

皆さんが持てるものを十分発揮できるよう準備をしてください。

 

今、高校入試を前にして、

大変で苦しいと感じているかもしれません。

しかし、今努力することは、

皆さんの未来をつくるうえで重要なステップです。

皆さんは今、まさに「未来を創って」いるところなのです。

 

今日は、本校でも

それぞれの希望の進路先について理解を深める

「進路ガイダンス」が1年生を対象に行われました。

やはり「未来を創って」いるところです。

 

 本宮高校は皆さんとともに、皆さんの輝く未来を創っていきます。

頑張れ受験生!!

クリーン作戦

2月10日(月)、

今年度最後のクリーン活動が生徒会主催で行われました。

学校から安達橋方面への通学路とリオンドール周辺のごみ拾いや

学校の外回りの落ち葉の清掃を行いました。

参加者は80名余りで、

1、2年生の約3割の生徒が参加したこととなります。

↓クリーン活動出発前の様子

 

本宮高校生の学校生活は、

学校内だけで留まるものではありません。

地域社会、地域の方々のご支援があって成り立っています。

感謝の気持ちを忘れず、

地域の方々に愛され応援される本宮高校を

力を合わせてつくっていきましょう。

 

小さな親切

郡山でお仕事をなさっているS様から学校にお手紙が届きました。

「生徒さんにとても親切にして頂きました。本当に感謝しております。」

と書かれた心のこもったお手紙でした。

 

中に生徒の名前が書かれていたので、

該当の生徒に話を聞いたところ、

「雨が降っていたので傘に入ってもらっただけです。

特別なことはしていないのに・・・」

とお手紙をいただいたことに驚いていました。

 

「すごいことをしたわけではないのに、すごく感謝され驚いた」

同じようなことを災害ボランティアに参加した生徒も言っていました。

 

「人の役に立つ」とはどのようなことなのでしょうか。

「人に喜んでもらえる」のはどのような時なのでしょうか。

それはもしかしたら小さなことで、

取り立てて大きな準備や努力をしなくてもできることかもしれない。

だから思っているより簡単にできることなのだ。

しかし、それをやるかやらないかは大きな違いなのだろう、

お手紙を読みながらそんなふうに考えました。

 

S様、お手紙ありがとうございました。

これからも本宮高校の生徒を見守ってください。

 

3年生のいない校舎にて

2月になり、3年生が自宅学習に入りました。

3年生がいないと校舎はひっそりとしています。

特に校長室横を移動する生徒が激減し、

生徒の声が聞こえず寂しい限りです。

 

3年生の教室と廊下は電気も消え、

人の気配がないばかりでなく、

なんだか空気も冷たく感じます。

 

担任が丁重に扱ってきた携帯ケースも

中身がなければ無味乾燥な箱でしかありません。

 そんな中、「第3学年訓」は、

主(あるじ)のいない教室を見守り続けています。

学校生活で得た成長した自分を誇りに思い

これからの成長し続けてほしい、

学年訓を眺めながら改めてそう思いました。

 

3年間を過ごした本宮高校の卒業まであとわずか。

就職や進学に向けての準備期間でもあり、

自立のために自分を成長させる大きな機会でもあります。

高校生活の最後の時間を

有意義に過ごしてほしいものです。

 

私も、3年生の更なる成長を祈りながら、

卒業式にむけて準備を整えたいと思います。

本宮高校百景その六~雪の朝に見たもの~

今朝は暖冬のこの冬には珍しく、

登校時間に雪が降っており積雪も見られました。

今日から3年生は学年末テストです。

卒業に向けての大事なテストに

最後までしっかりと取り組んでほしいと思います。

 

雪の中、朝早くから雪を片付けてくれた生徒がいました。

「朝早く来て暇だったので・・・」とのこと。

みんなのためになることを、

「何でもないこと」のようにすること、

できそうでなかなかできないことです。

 

そして、こんな日も昇降口の外では、

生徒会役員による「あいさつ運動」は行われています。

「あいさつ運動」は生徒会役員による自発的な活動です。

先輩から引き継がれたこの活動は本校の伝統となった、と言えるでしょう。

あいさつはどのような場面でも人間関係の基本です。

生徒同士でその力を身に付けることができることには大きな意義があります。

これからもよろしくお願いします。

 

 

おなじみ「満天星(どうだん)つつじ並木」もうっすらと雪をかぶっています。

しかし、近づいてよく見てみると・・・

雪の下では春にむけて芽が育っています。

その色はピンク。

満天星つつじは秋に美しく紅葉しますが、

その準備はすでに始まっているということなのでしょうか。

 

春の可憐な花や秋の紅葉という

満天星つつじが輝いて見える時のために、

冬である今は必要な力を蓄えつつ成長している時なのかもしれません。

自分の人生を輝くものとするために、

学び、成長を続ける高校生の姿と重なりました。

投書のすすめ

廊下を歩くと、

小さな新聞記事が切り抜かれたものが貼られています。

 

3年1、2組の生徒が国語の授業で書いた意見が

投書として新聞に掲載されたものです。

これまで19人の意見が新聞各紙に掲載されています。

 

タイトルの一部を紹介すると

「小さな幸せで日々を豊かに」

「数学は『過程』が将来役立つ」

「漫画を読書の範囲に入れて」

「いじめの撲滅には事後のケア必要」等々、

生き方、勉強の仕方、社会の課題への対応など、

様々なジャンルにわたっています。

いずれも高校生という立場からの

大人の感覚とは異なる若々しさがあふれる意見です。

 

「投書」とは自分の意見を公にすることですので、

それなりの勇気が必要です。

また、自分の考えが他の人に伝わるようにまとめることも大切でしょう。

 

「掲載されたものに何か共通点はありますか?」

と国語の担当者に聞いたところ、

「テーマに対して『自分はこうしたい』と

前向きに向き合っているものが多いようです」とのことでした。

 

私たちはだれもが自由に意見を持つことができます。

現時点で19人の意見が新聞に掲載されたこと、

それはそれぞれの意見が社会に訴えるものがあったということです。

生徒の皆さんは、掲示されている切り抜きを

ぜひじっくりと読んでみてください。

そして、ぜひ投書に挑戦してみてください。

 

社会の課題に目を向け、解決策を考え、行動する、

これからの社会に必要な能力の一端を

投書という形で見せてもらえた、そう感じています。

 

さて、現時点で

最後に本校生徒の投書が掲載されたのは1月23日です。

これからも掲載されるかもしれません。

ご期待ください。

 

ボランティア元年

わが国で「ボランティア元年」と呼ばれる年があります。

25年前の1995年、阪神・淡路大震災が起きた年です。

1995年(平成7年)1月17日、

神戸市など兵庫県南部に震度7の地震が発生、

多くの犠牲者と被害がでました。

 

それまで日本の高速道路は地震では壊れない、

と繰り返し説明され信じてきましたが、

テレビをとおして見た高速道路が横倒しになっている現実に

言葉を失ったことを覚えています。

 

当時、私の弟は被害が大きかった神戸市長田区に住んでいました。

そのころ携帯電話が普及していなかったため地震後しばらく連絡がとることができず、

(本人ではなく会社の同僚からの連絡で)無事を確認するまでに相当な時間を要しました。

とても心配をしたことは鮮明な記憶として残っています。

 

さて、この阪神・淡路大震災では、

災害からの復旧に全国からかけつけた多くの一般の人たちが

ボランティアとして尽力しました。

これをきっかけに日本においてボランティア活動が定着することとなり、

「ボランティア元年」と呼ばれています。

 そして、その後、災害の現場はもちろん、

様々な場面でボランティアは社会づくりに貢献してきました。

 

さて、昨年の台風19号による被害への災害ボランティア活動には

多くの生徒が参加しました。

はじめてボランティアに参加した生徒や

ボランティアがなぜ必要か分かった生徒もいることでしょう。

つまり、多くの生徒にとって令和元年は

自分自身にとっての「ボランティア元年」だったのではないでしょうか。

 

ボランティアとは、自分のできることをとおして

自発的、主体的に社会の課題を解決したり

助けを必要とする方々の力になることです。

無理をしたり自分を犠牲にしたりして行うことではありません。

 

また、災害復旧だけではなく、

オリンピックをはじめとする様々なスポーツや文化イベント、

子育て、高齢の方々などに対する福祉の現場、

国際交流への貢献などありとあらゆる分野で活動の機会があります。

力仕事もあれば、そうでない活動もあります。

 

自分の良さを生かして社会の役に立つことができそうだ、

そう感じる機会があったら、

ぜひボランティアに挑戦してほしいものです。

そしてその機会は実は身近にたくさんあるのです。

 

令和2年は「ボランティア2年」、

本宮高校発のボランティア精神は

令和の時代とともに育っていくのだと思います。

 

本宮高校生にきいてみた②~高校生活が残りわずかな二人~

三年生は高校生活も残りわずか、

そんな3年生にとって本宮高校とはどんなところだったのでしょう。

校長室の掃除にきている3年生ふたりに話をきいてみました。

 

わたなべさん(男)

-高校生活はどうでしたか?

本宮高校にきてよかったです。

ここでしか会えない友達に会えましたし、

運動部の活動で心身ともに成長しました。

 

-勉強の面は?

「勉強もできるようになったと思います。多分ですが・・・

数学が得意です。

自然豊かな環境で心安らかに勉強できました。

学校にはうさぎ、たぬき、りすがいます」

 

-わたなべさんは就職に向けて車を購入することにしたとのこと

新しい世界への第一歩を踏み出しました。

なお、私はまだかわいい動物たちに遭遇していません。

見てみたいです。

 

わたなべさん(女)

-高校生活はどうでしたか?

「本宮高校にきてよかったです。

運動部の活動をとおして

まわりを見ることができるようになりました。

また、勉強が好きになりました。

特に数学がわかるようになりました。

先生がすごくよくて、わからないことをそのままにせず、

頑張ろうと思うようになりました。

自分が成長したと思います」

 

-中学生へのメッセージをお願いします。

「やるときはしっかりやることが大切です。

本宮高校は、先生に導かれるからこそ、頑張ろう、やろうと思える高校です」

 

-本宮高校で苦手な教科を克服できたとのこと、

成長の大きかった3年間だったことがとても伝わりました。

 

3年生が登校するのはあとわずか。

高校生活の最後を有意義に過ごして、

有終の美を飾ってほしいです。

歌会始、皇后さまのお歌

災ひより 立ち上がらむと する人に

若きらの力 希望もたらす

 

本日、皇居・宮殿で行われた

歌会始で披露された皇后さまの歌です。

災害の被災地で、

高校生などの若者がボランティアとして復旧作業を行い、

人々に希望や勇気を与えたことを讃えてくださいました。

 

本宮でも、

「高校生から元気をもらいました」

台風19号により被災された何人もの方から

そんなことばをいただきました。

「あなたたちは希望なんだよ」

そんなことばをかけてくださった方もいたと聞いています。

 

高校生である自分たちが困った人たちの役に立つことができ、

希望を与えられる存在であることに気づいたこと等、

皇后さまは本校生徒の経験をそのまま歌にしてくださいました。

そしてまた、全国の多くの若者たちもこのお歌に心を動かされているでしょう。

 国民、とりわけ若者の心に寄り添ってくださっていることに、

心より感謝を申し上げます。

 

昨年12月26日に天皇皇后両陛下が本宮市においでになった際、

ボランティア代表として両陛下からねぎらいのお言葉をいただいた

3年生の山田優依さんが改めて取材を受けました。

本日18時台の福島中央テレビ、福島テレビで報道されるそうです。

本宮高校百景その五~雪のヒマラヤスギ~

今朝は雪でした。

雪がふると風景は一変します。

 

昇降口近く、三階建ての校舎より高く伸びている木は

ヒマラヤスギです。

雪に覆われたヒマラヤスギは

おとぎ話に出てくるような雰囲気ですね。

 ヒマラヤスギの学名(世界共通の名称)はCedrus deodara、

deodaraはディーアダーと発音し、

サンスクリット語(インドなどで用いられた古代語)で

「聖なる木」という意味を持つそうです。

また、インドの伝統的医学では病気を治す力がある

とされているとのこと、

なんだが神秘的な木です。

 

ヒマラヤスギは実は「マツ」の仲間で、

その証拠に樹齢30年以上の木には

大きな松ぼっくりができます。

地面にはその一部がとれたものが落ちていることが多く、

「シダーローズ」とよばれ

バラの花のような形をしています。

 昇降口付近に何本かある

ヒマラヤスギの下を探しましたが、

シダーローズはそれほどたくさん落ちているわけではなく、

また、湿っていると笠が閉じているので、

雪が降る今日はバラのようにはみえません。

生徒のみなさんも探してみてください。

↓湿って笠が閉じているシダーローズ

 いつも見ている景色も

少し深掘りしてみると違う景色となり、

新鮮で心に響くものとなります。

 多様なものの見方ができることは

人生を豊かにしてくれるのかもしれません。

 

そんな雪の降る朝も

生徒会役員によるあいさつ運動は行われていました。

寒い中お疲れ様です。

 

参考

東邦大学 薬用植物園 https://www.lab2.toho-u.ac.jp/phar/yakusou/herb/himarayasugi.html

 英辞郎 on the web https://eow.alc.co.jp/search?q=deodar

あけましておめでとうございます

令和2年が始まりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

令和元年は変化の激しい年でしたが、

令和2年はこの変化を

成果として形にしていく年だと思っております。

 

これまでの変化とは

右肩上がりに何かを増やしていく変化でしたが、

現在の変化は少子化や働き方改革推進という

これまでとは異なる環境の中での変化となります。

本宮高校がこれまで以上に

生徒の皆さんの成長に資する教育を充実させ、

皆さん自身の人生と社会の未来づくりに貢献できる学校と

発展できるよう全力を尽くしてまいります。

 

そして、変化への対応には生徒の皆さん、

保護者の皆様のご協力も不可欠です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年末バドミントン部員の皆さんが

体育館周辺のマット下のお掃除をしてくれました。

通常は見えないところですがマットの下は結構汚れていました。

本宮高校のすばらしい学校生活環境は

生徒の皆さんの自主的な活動によって支えられていると

改めて感じました。

 

こんな生徒の皆さんのよさを伸ばせるよう

令和2年も様々なことに挑戦していきましょう。

そして、令和2年が世界のすべての人にとって

幸せな一年となりますように。

天皇皇后両陛下からおことばをいただきました

12月26日、天皇皇后両陛下が本宮においでになり、

台風19号による被災者へのお見舞いと

尽力した方々へのねぎらいのお言葉をくださいました。

 

災害ボランティアを代表し、

本校3年山田優依さんが両陛下よりお言葉をいただきました。

 

両陛下はボランティアでどのようなことをしたかをお尋ねになり、

泥や水にぬれた家具などを運んだことをお伝えすると、

「重かったでしょう」などと、

ボランティアをしたことをほめてくださったとのことです。

山田さんは愛子様と同じ年齢です。

愛子様に接するようお話してくださったのではないでしょうか。

 

両陛下からお言葉をいただいたことについて

山田さんは次のように話しています。

「短い時間の中で少しでも自分を知ろうとしてくださり、

その寄り添い方がものすごかったです。

ずっとお話をしていたいと感じました」

 

お声をかけられたおひとりおひとりに

膝をかがめて目線を合わせ、

丁寧に耳を傾け、お言葉をかけられているのが印象的でした。

また、できるだけたくさんの方にお声をかけ、

名残惜しそうにお帰りになる様子を見て、

両陛下が被災者へ心を寄せ、

できる限りのことをしたいと思ってくださっているのだと

改めて感じました。

 

↓終了後記者からの取材をうける山田さん

 

本宮市の災害ボランティアに参加した方は

本宮市災害ボランティアセンターをとおして活動した方だけで、

4,440人だそうです。(社会福祉法人本宮市社会福祉協議会発表)

その代表として本校の生徒にねぎらいのお言葉をくださいましたこと

深く感謝いたします。

また、本校の災害ボランティア活動に御協力をくださいました皆様に

深く感謝申し上げます。

 

生徒の皆さん、

この本宮市で学ぶ高校生として、

地域の課題を解決するために

何ができるかをともに考え、実行していきましょう。

2学期を終えて~本高 ONE TEAM~

激動と言っても過言ではない2学期が終わりました。

この2学期は皆さんのよさと成長が見えた学期だったと思います。

 

多様な行事への取組、

3年生の進路実現、

部活動での躍進、

災害ボランティアへの参加など、

ONE TEAMで力を合わせて行いました。

 

すこし話は変わります。

終業式終了後は恒例のクリーン活動を行いましたが、

学校周囲の松葉の落ち葉が

昨年より少ないことに気がつきましたか?

 

私は、ある日、

大量に落ちていた落ち葉の量が少なくなっているのに気づき、

だれが掃除をしたのだろう、

どこかの部活?

もしかして近隣の住民の方?

などと考えていたのですが、

実は野球部が事前に片付けてくれていたのです。

 

昨年とても時間がかかり全部やりきれなかったので

事前にやっておけばクリーン活動で全部終われるだろう、

と考えたのだそうです。

全体を考えて行動し、

その行動を受けてより完成度を高めていく、

2学期最後の活動でも

ONE TEAMぶりが発揮されました。

 

クリーン活動に参加してくれた皆さん

ありがとうございました。

↓ 松葉の片付けの様子

 

多彩な才能に圧倒されました~小文化祭~

小文化祭は本校生の多彩な能力に圧倒された一日でした。

 

12月18日(水)に行われた小文化祭では、

部活動、課題研究、芸術の授業、

そして有志によるパフォーマンスや展示発表がありました。

音楽、演劇、創作動画上映、ダンス、芸術作品など

いずれもものすごいクオリティでした!

ダンスパフォーマンス↓

書道パフォーマンス↓

 

生徒会役員による「新旧生徒会役員の引継ぎ」

を題材に創作したパフォーマンスは

前日の夜遅くまで内容を確認し完成度を高めていましたが、

とても楽しい内容で、

小文化祭自体の準備運営も行いながら、

よくここまで準備できたと感心しました。

 

一日があっという間に感じる学びの多い一日でした。

そして本校生の「よさ」と可能性を目の当たりにした

小文化祭でした。

 

運営してくれた皆さん、発表してくれた皆さん

本当にありがとうございました。

 

小文化祭のポスター(芸が細かい)↓

白沢で驚愕のもの発見!!!!!

12月21日(土)

白沢の農産物直売所でお金を払おうとしたとき、

レジの横にあったものに目が釘付け。

これは何?

 

謎の動物のミイラか?

(割と最近東京で“ミイラ展”を見たばかり)

いったい何?

真相は

本宮名物の“山芋”です。

お店の人に、

SNS等で発信したんですか?

と尋ねたところ

だれもしていないので

ぜひ発信してくださいとのこと。

もしや、これが世界への第一報!?

 

本宮にはまだまだ隠れた魅力や

広くは知られていない面白いものがあるのだ、

と実感しました。

 

まだ気づいていない、良さや魅力、

それは皆さんの中にもきっとある。

もちろん50代半ばとなった私の中にも。

 

そんなことを考えた

驚愕のものとの出会いでした。

決定!県大会出場 バスケットボール部男子 

お祝い福島県高等学校新人体育大会バスケットボール競技県北地区大会で、

男子が見事県大会出場を決めました。

バスケットボール部の県大会出場は近年なく、

「県大会出場を目標にしている」と聞いていました。

そして見事目標達成です!!

 

12月16日(月)朝から、

もしかしたら県大会出場なるかも!と話題になり、

県大会出場決定後は職員室でもその話でもちきりになりました。

 

目標に向かって努力したことで、

競技力はもちろんその他の面でも成長したことでしょう。

更なる高みに向かってこれからも頑張ってほしいです。

それこそが未来を創ること、人生を切り拓くことだと思います。

 

県大会出場、本当におめでとうございます!!

県大会でも持てる力を発揮してください。花丸

 

「君の夢は」

少し前の話になりますが、

11月24日(日)に本宮市の小中学生と高校生による

「少年の主張」の発表が行われました。

高校生の発表は、本校2年の安部圭亮さんで

タイトルは「君の夢は」でした。

 

自分の将来の夢について述べるとともに、

夢を持ち、その実現を目指すことで、

様々な力を身に付け夢をかなえていくことができるものだ、

皆さん夢を持ちましょう、という主張でした。

 

夢を持ち、その実現をめざすことで自分を成長させていくことは

「ココで創ろう 君のミライ」

でいうことばで表していることです。

 

 さて、少年の主張の終了後、

元ハンドボール日本代表主将の東俊介氏による講演がありました。

内容は次のようなものでした。

 

夢をかなえるためには、「努力」と「思いやり」が大切だ。

「思いやり」を持って「努力」していくことが、

夢の実現に近づき、自分を成長させることとなる。

「努力」とは「プラス3の法則(10回やれと言われたら13回やる)」であり、

「思いやり」とは「自分がされていやなことは人にはしない」ことである。

あの時ああしておけばよかったと後悔することがある。

「あの時」は「今」だ。

あの時、ああすればよかったという人にいい人生はない。

あの時ああしておいてよかったという人は夢がかなう。

 

夢を持ち努力すること、

それができるかどうかが

人生が豊かなものとなるかどうかの分かれ目なのかもしれません。

そして努力するのは「今」、

すなわち、努力はいつでもはじめられるものなのです。

 

ココで創ろう 君のミライ

必見「バイバイ ブラックノート」県大会入賞~ネタバレ注意!!~

演劇部の「バイバイ ブラックノート」が

県大会で優秀3席に入賞しました。

演劇部の県大会での入賞は初めてではないか、

少なくとも記憶にはない、というほどの快挙です。

また、重要な役どころを演じたキャストは「演技奨励賞」も受賞しました。

ダブル受賞おめでとうございました!!

 

内容は高校生の成長物語で、

アクティブでユーモアあふれる演技が光り、

時間を忘れて見入ってしまします。

ミニ文化祭での公演が予定されています。

 

以下ネタバレあり

決められずいつもうじうじと思い悩む主人公は

その葛藤をノートに綴っているのですが、

ノートを開くと黒いモノたちが出てきてやりたい放題の大暴れ。

アメリカ帰りの友人やずっと会っていない父親への複雑な思いなど、

様々な悩みを抱えながらどう弱さを克服していくのか?

そして、黒いモノたちは!?

 

黒いモノによる「ダダダダダダダダ」の場面は

審査員大絶賛の見どころのひとつです。

 

和合亮一先生の新作の脚本による

みずみずしい感性満載の「バイバイ ブラックノート」

見逃すなんでありえません!!

義援金を届けました

台風19号で被災された方への募金を、

生徒会とJRCインターアクト部で行いました。

被災された方に少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

11月26日(火)

生徒会長、副会長、JRCインターアクト部長、生徒会顧問、校長で

市役所に伺い、

生徒会長から高松市長に義援金をお渡ししました。

その後、市長が本宮の被害と現状について

丁寧に説明してくださいました。

 

ドローンで撮影した市中心部等の写真を見ながら、

浸水の範囲や状況、

自衛隊による救出活動、

県内外からの支援の内容、

災害ごみの状況などについてお話をしてくださいました。

新たに知ることも多く、

改めて甚大な被害をもたらした災害であることを実感しました。

 

また、本校生徒による災害ボランティアについて、

心あたたまる感謝の気持ちを述べてくださいました。

 

災害からの復旧、復興については、

初動の段階から次の段階に入ったとのことです。

本宮市が災害から立ち上がり、

より魅力的で力強い市となるよう、

本宮高校としても何ができるかを考え

実行していきたいと思います。

 

お忙しい中お時間をとっていただき、

いろいろとお話をしてくださり、

本当にありがとうございました。

 

 

サッカー「21世紀初県切符」試合は11/23 10:30~

サッカー部が県新人体育大会に出場します。

県北大会で3位になっての県大会出場ですが、

前回の県大会出場は、とにかくずっと前で

スポーツ紙が「21世紀初県切符」と表現していました。

 

試合は11月23日(土)10:30~

21世紀の森公園いわきグリーンフィールド、

相手は安積高校(県南3位)です。

 

持てる力を十分発揮してほしいです。

 

「働くこととは」

11月20日(水)、2年生を対象に

「働くこととは」というご講演をいただきました。

お話をしてくださったのは、

株式会社福島芝浦電子の代表取締役社長、越水和人 様です。

 

-自分がやりたいことを仕事にできるかどうかはわからないが、

仕事に真剣に取り組むことで自分の持ち味(よさ)が出る。

 

-仕事の喜びとは、誰かに喜んでもらえることであり、

喜ばれないことは仕事ではない。

何かしら人に喜ばれる会社だけが世の中に残っていく。

 

-学生はテストで90点とった場合90点のままでも問題はないが、

仕事は100点をとって終われるようにしなければならない。

それが真剣に取り組むということだ。

 

深く、深く心に染み入るお話でした。

 

㈱福島芝浦電機は、

サーミスタ(電気の流れから温度がわかる測定機器)を製造し、

そのシェアは世界の約3割、

一つの家庭に少なくとも100個の本宮工場で製造されたサーミスタがあり、

自動車にもいくつも用いられているとのことです。

 

また、社員の約3割が本宮高校の卒業生だとのこと。

多くの卒業生が世界の暮らしを支える

「喜ばれる仕事」をしているということですね。

 

次は皆さんです。

喜ばれる仕事ができる、

仕事に自分の持ち味(よさ)が出せる

そんな自分に成長していきましょう。

 

ココで創ろう 君のミライ

 

本宮高校百景 ~その四 満天星並木~

 

質問です。

タイトルの「満天星」は何と読むでしょう。

なんと「どうだんつつじ」もしくは「どうだん」と読みます。

えっ!?なぜ?

そして「どうだんつつじ」とは?

 

「どうだんつつじ」は皆さんが毎日とおる校地内の坂道にあり、

季節ごとに違う表情を見せてくれます。

そして今、真っ赤に色づいて学校を彩っている

だれもが目にしているあの低木が「どうだんつつじ」です。

 

さて、なぜ「満天星」なのでしょうか。

 

「どうだんつつじ」は「灯台(燈台)躑躅」とも書きます。

(読めない・・・)

「どうだんつつじ」の枝の形が

「結び灯台(燈台)」に似ているからなのでそうです。

「結び灯台(燈台)」とは、昔、明かりをとるため、

3本の棒を結びその上部を開いて皿をのせ、

そこに火をともしたもので、

宮中での夜間の行事でも用いられたとのこと。

そう言われてみれば似ているかも。

 

そして、満天星の字があてられたのは

春にたくさんの小さな白い花が咲き、

それが満天の星のようだからだとか。

 

闇夜に輝く満天の星と灯台のあかり、

なんとも美しすぎる「どうだんつつじ」のお名前です。

 

うっかりしていて花の写真がないので、

来春に掲載予定(^^)v

災害ボランティア(10月18日)

10月18日(金),全校生に呼びかけ、

災害ボランティアを行いました。

約300人の生徒が参加し、

商店が並ぶ地域での活動となりました。

被害が大きかった地区を通って移動です。

10月15日、16日に比べて、

小さなものを運んだり、側溝から泥を出したりするなど、

作業の内容が変わってきた場所がある一方、

手付かずの場所もあり,

それぞれの状況にあった活動を行いました。

どの活動場所でも被災された方のお役に立てたとのことです。

 

「えぽか」ではまた一龍さんに会いました。

「本宮高校が来ると聞いたから来た」と

本校生徒のための炊き出しをしてくださいました。

おいしいすいとん、焼き物は寒い日の疲れた体にしみわたり

元気をいただきました。

ごちそうさまでした。

 10月15、16、18日の3日間、

本宮高校生をお世話くださった、

本宮市社会福祉協議会の皆様に心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。

この経験を活かし、

これから自分たちに何ができるかを改めて考え、実行していきます。

 生徒の皆さん、

未曾有の本宮市の災害に対し、

本宮で学ぶ私たちは何をすべきなのか、

何をできるのか、

一緒に考え、実行していきましょう。

一流のボランティア

本宮市内での災害ボランティア活動拠点は「えぽか」です。

10月16日(水)、昼食休憩のため「えぽか」に戻ると

焼き鳥の移動販売車が「えぽか」の駐車場に停まっていました。

炊き出しのボランティアで、

一龍(いちりゅう)という飯坂の焼鳥屋さんだそうです。

 

お昼には豚汁をおいしくいただきました。

一龍のマスターから

「食べてね~」という声をかけていただいたとき、

「私たちはボランティアで被災者ではありません」と一旦断ったところ、

「ボランティアのボランティアだよ」

「重い荷物を運んだりできないから、

それをする人たちに炊き出しをして応援するんだよ」

「お肉屋さんの協賛を得て、材料をいっぱい持ってきているから

なくなったらまたつくるから大丈夫、食べて、食べて」

と豚汁をすすめてくださいました。

私は、午後は学校に戻りました。

その後活動記録写真をみたところ、

活動終了後焼き鳥や焼きそばを食べている写真が何枚も!!

本校生が戻る時間を考えて、

たくさん準備してくださったようです。

疲れているけれど、

おいしいものをいただき生き返った瞬間だったのでは?

 

「荷物を運んだりできないから、

それをできる人たちに炊き出しをして応援するんだよ」(一龍のマスターの言葉)

 

ボランティアとは、無理してできないことをすることではありません。

自分を犠牲にして人に尽くすことでもありません。

できる人ができることをすることで、

他の人を助けたり、応援したりすることです。

生徒の皆さんは一龍のマスターにしっかりと元気をいただきましたよね!

一龍(いちりゅう)のマスターは

まさに一流(いちりゅう)のボランティアでした。

 

一龍のマスターは曰く

「台風15号の時は千葉に炊き出しに行ったんだよ。

この車に一泊してね。

『いちりゅうホテル』だからね。」

さすが一流のボランティアは言うことが違います。

 

災害ボランティア(10月16日)

災害ボランティア2日目には、

83名の生徒が集まりました。

受付場所の「えぽか」には、

本宮高等学校専用受付デスクが設置され、

受付や活動が前日よりスムーズに行われるようになりました。

 本校の生徒は、

被害が大きかった舘町で片付け作業を行いました。

 被害が大きいお宅では、

水で畳が浮き上がり、室内にあったものが

一体となって壁に寄せられており、

それを外に運び出すのにはたくさんの人手が必要だとのことでした。

 泥だらけになりながら、

荷物運びや室内の洗浄に懸命に取り組んでいました。

あらためて本宮高校生の行動力と心の優しさに

胸が熱くなりました。

 内堀県知事、鈴木福島県教育長、

お手伝いささせていただいた家の方々などから、

学校にたくさんの感謝の言葉が届いています。

感謝されることはボランティアを行った側にとっても

うれしいことですよね。

皆さんの活動は報道もされています。

 

そして、「ボランティアのボランティア」と言って、

本校生に豚汁、焼き鳥等の炊き出しをしてくださった一龍のマスター、

ごちそうさまでした。

そして、ありがとうございました。

 

ボランティアに参加してくれた

生徒のみなさん

本当にありがとうございました。

 

本宮の復旧、復興にはまだまだ支援が必要です。

10月16日に芸術教室を開催予定だった

サンライズ本宮もまだ泥の中です。

私たちは何をすべきなのか、

何ができるのか、

考え実行していきましょう。

 

 

災害ボランティアの様子(10月15~16日)

生徒たちは2日間に渡り、被災した本宮市内の災害ボランティアに参加しました。

地元も方々からの感謝はもとより、内堀県知事・鈴木県教育長からも直接電話が学校へ入り(異例なことです)、本宮高生の活躍について称賛されました。

・人数確認し、いざ出発!

 

 

 

 

 

・ボランティアの腕章をつけて現地へ向かいました。

 

 

 

 

 

・様々な品物が泥水に被っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・特に畳は水を含み相当重く、4人がかりでやっと運び出せました。

 

 

 

 

 

・少しずつですが・・・住居がきれいになるにつれて、住民の方の声も元気になったように感じました。

 

 

 

 

 

・服は汚れましたが、生徒の心は輝きピカピカです。

 

 

 

 

 

・炊き出しもあり、生徒もごちそうになりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

・最後には係の方から深々と心のこもったお礼をいただきました。

 

 

 

 

 

 

※今回の体験をとおし、生徒たちは学校では決して学べないことを身に付けてくれたことと思います。

 今後もこの体験を生かし地域とともに、地域に根差した学校を目指していきます。